読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東北の関西人

訪れた街の街並みを紹介します。

秋の色彩美、鳴子峡の紅葉その1

北海道・東北地方 自然風景 道路・橋梁 宮城県

 

最近夜が肌寒くなってきました。そろそろ秋も迫ってきたことですし、学生時代に訪れた鳴子峡の写真を載せようと思います。

鳴子峡

JR鳴子温泉駅から車で約5分。国道47号に平行して走るV字型峡谷は、大谷川の侵蝕により成立した峡谷で、高さ約100mの断崖絶壁が2.5kmに渡って続く。奇岩と松の緑が点在する中に織りなす紅葉美は数ある名所の中でも第一級といわれるほど。紅葉期間中はJR鳴子温泉駅から中山平温泉駅間で路線バスが運行する。

出典:紅葉名所

 

 以上のように、紅葉の景勝地としては全国有数の美しさを誇る場所です。学生時代に数回足を運びましたが、何度訪れても飽きない場所でした。

鳴子峡へのアクセスですが、鳴子峡手前の鳴子温泉駅からバスが出ているため、雄大な紅葉の渓谷の自然に対してアクセスは意外と易しいです。また、次駅の中山平温泉からも徒歩で訪れることが出来ます。(こちらの方が勾配が少ないです。)

ちなみに、最も良いアクセス方法はバイクか自転車でしょう。毎年シーズンになると鳴子峡では大渋滞が発生します。

 私が訪れたときはバイクでしたので、すりぬけで渋滞など何処と吹く風でした。

行きに印象に残るクラシックカーを抜いて、現地で2時間ほど滞在し、そして帰途に着いたのですが、そのクラシックカーがまだ渋滞に巻き込まれていました。シーズンだと2時間は渋滞に巻き込まれる事を覚悟された方が良いかと思います。

電車ですと、鳴子温泉駅からバスに乗らず徒歩で鳴子峡に向かうのが確実です。20分くらいかかりますが散策を兼ねて歩くのも良いかと思います。

鳴子峡の風景

 

f:id:yamatsutsuji:20160923011033j:plain

朝の仙台です。この時期だと、朝の気温は1ケタでした。

 

f:id:yamatsutsuji:20160923011047j:plain

以前紹介した県道264号線です。この辺りまで来ると、凍えてまともに体が動きませんでした。この後、日が昇ってきて丁度良い気温になりましたが.....。

yamatsutsuji.hatenablog.com

 

f:id:yamatsutsuji:20160923011032j:plain

仙台から鳴子に向かう際に通過した街です。昔は岩出山町でしたが、現在は合併して大崎市の一部となっています。

余談ですが、この街にある岩出山中学校の校舎は大変特徴的な形をしています。興味のある方は以下リンクへどうぞ。

Riken Yamamoto Official web

 

f:id:yamatsutsuji:20160923011044j:plain

赤く染まった花渕山です。山の上下で紅葉の具合が異なっています。

 

f:id:yamatsutsuji:20160923011037j:plain

駐車場に到着しました。写真右の建物に向かって進みます。

 

 

f:id:yamatsutsuji:20160923011025j:plain

おそらく、鳴子峡で検索して表示されるほど定番アングルの写真です。橋には国道47号線が通っています。

 

f:id:yamatsutsuji:20160923011026j:plain

橋の右側です。景勝地の紅葉と、町中にある紅葉ってなんだか色合いが違う気がします。景勝地と呼ばれるエリアの落葉樹は鮮やかな色素を有しているのでしょうか。

 

f:id:yamatsutsuji:20160923011051j:plain

レストハウスから見下ろした鳴子峡谷です。荒々しい岩肌と鮮やかな紅葉のコントラストが見事です。

f:id:yamatsutsuji:20160923011049j:plain

付近を散策しました。

 

f:id:yamatsutsuji:20160923011023j:plain

ちなみに峡谷には遊歩道があり、下りる事も出来ます。あの時、降りておけばよかったと今になって後悔しています。↓遊歩道マップへのリンク

http://www.naruko.gr.jp/file-kouyo-jyoho/naruko-kyo%20gorge%20walking%20map.pdf

 

f:id:yamatsutsuji:20160923011053j:plain

やっぱり季節は秋と冬が最高です。

 

 

f:id:yamatsutsuji:20160923011050j:plain

個人的に最も気に入っている写真です。峡谷をトンネルと橋で渡る線路。風情があります。ちなみに鉄道通過時は、鉄道マニア撮影戦争が始まります....。

 

次回は、鳴子の裏の名所、鳴子ダムについてです。 

 

 

 

 

関門海峡の絶景、火の山公園

中国・四国地方 山口県 土木・建築・施設 道路・橋梁 超高層建築物

お久しぶりです。仕事がバーストしてました。なんだか疲れる日々です。

しかし、ようやく職場にもなじめてきた気がします。

入社後の裏目標は、「会社に染まるのではなく、周囲を自分色に染め上げていく...。」

もちろん、社内のルールには従うべきだと思いますが、それ以外の部分は徐々に自分色に染め上げられてきている感触を得ています(笑)。

いわゆる、自分のペースに巻き込んでゆくと言ったところでしょうか。そんな帰宅時に撮った風景です。造船所の風景ってなんだか良いですよね。

 

f:id:yamatsutsuji:20160918004800j:plain

 

とりあえず、そろそろ更新しないとまずいなと、思うので久々に更新します。

どの写真をネタにしようか迷ったのですが、今年の夏に旅行に行った山口の写真を載せようと思います。

 山口へは、下関→角島→萩→秋吉台→山口といったルートで周りました。本日は下関で撮った火の山公園からの眺めを紹介します。

下関

下関は三方向を海に開かれた地形をしており、九州、山陰、山陽の結節点であり、かつまた高速道路、鉄道、航路など様々な交通網がここに集中していることから、交通の要衝に上げられる都市です。また、日本の歴史における数々の重要な出来事の舞台となった都市でもあります。また、終戦までは要塞都市でもあったことから、海峡の周辺には当時の遺構が多数残されているそうです。

 

f:id:yamatsutsuji:20160918004852j:plain

朝、長崎バイパスから長崎自動車道に乗って下関へ向かいました。途中の大村PAで取った大村湾の写真です。

 

f:id:yamatsutsuji:20160918004853j:plain

大村湾は、周囲を陸地で囲まれているから波が立ちにくい事から、琴の湖とも呼ばれています。なお、開口部は針尾瀬戸の幅170m程度の狭い領域のみという極めて閉鎖的な海域となっており、針尾付近では激しい潮流が見られます。

次は本日の真打、日の山公園からの眺めです。

 

火の山公園

火の山の山頂に広がる都市公園です。かつて、この山の山頂に狼煙台が設置されていたことが名前の由来となっているそうです。明治以降は要塞として重要軍事拠点でした。

 

f:id:yamatsutsuji:20160918004854j:plain

下関で家族を乗せて下関の火の山公園へ向かいました。こちらは、火の山公園の駐車場で取った写真です。山と市街地が比較的近いことから市街地の広がりを感じられる雄大な景色となっています。

 

f:id:yamatsutsuji:20160918004904j:plain

「天空の駐車場」といった感じの名前が似合いそうです。

 

 

f:id:yamatsutsuji:20160918004855j:plain

空気が澄んでいて下関の奥に北九州市が写っています。また、緑と市街地が融合した街並みにも見えます。写真左の海峡ゆめタワーです。高さは153mで、西日本の自立型タワーの中では最も高いそうです。(超高層ビルは含まないそうですが...。)夜間は金色の派手なライトアップが行われます。建物の形状とライトアップの派手さから、上海の超高層ビルありそうです(笑)。

 

www.yumetower.jp

f:id:yamatsutsuji:20160918004856j:plain

こちらは、火の山公園の展望台から眺めた関門海峡の写真です。左が門司、奥に北九州が写っています。1日700隻の船舶が通過し、また国道と在来線、新幹線、高速道路といった主要インフラがこの海峡を通過します。物流の大動脈ですね。写真の色合いが異なるのは展望台のガラスのためです。本来は駐車場からの風景の色合いでした。

 

f:id:yamatsutsuji:20160918004857j:plain

関門海峡は潮流が速く、また1日4回潮流の向きが変化することから、通過船舶には水先案内人を搭乗させないと海峡を通過できません。また、潮流が速いせいか、船舶の衝突事故も時々発生するようです。九州側の海岸に潮流による渦が現れています。

 

f:id:yamatsutsuji:20160918004859j:plain

下関方面です。写真奥に仕事で時々お世話になっている事業所が移っています(笑)

 

 

f:id:yamatsutsuji:20160918004900j:plain

瀬戸内海方面の写真です。蛇足ですが、関門海峡に大戦時の機雷が残されているそうです。多数の船舶が通過するだけに不安が残ります。2013年に発見された機雷の爆破処理が同海域で行われましたが、大戦から70年経っているにもかかわらず、爆薬はしっかりと動作するようです。爆薬ってかなり長持ちするみたいですね....。

www.news24.jp

 

 

f:id:yamatsutsuji:20160918004901j:plain

展望台からの火の山公園の眺めです。写真奥には六連島が写っています。島は独特な形状をしており、また巨大な石油タンクが立ち並んでいる様子は異様な光景です。

www.daitohtank.jp

 

f:id:yamatsutsuji:20160918004903j:plain

 それにしても、この日の天気は素晴らしいものだったと思います。また、北九州の工業地帯が近いにも関わらずここまで澄んだ空気は珍しいなと思いました。

 

オマケ 唐戸市場

f:id:yamatsutsuji:20160918004907j:plain

火の山公園の後、唐戸市場へ訪れました。ここで、人生初のフグを食べました。フグの刺身やフグの揚げ物を食べたのですが、魚ってやはり生が美味しいです。ちなみに、フグ刺しを食べるときにポン酢が同封されていたのですが、個人的にはだし醤油とわさびの組み合わせで食べたかったなと思ってます...。

www.karatoichiba.com

 

f:id:yamatsutsuji:20160918004908j:plain

唐戸市場から眺めた門司港です。

 

f:id:yamatsutsuji:20160918004909j:plain

沢山の魚介類が売られていました。また、韓国や中国のお客さんも多かった印象があります。 彼らはパワフルでした。(色々な意味で...。)

 

f:id:yamatsutsuji:20160918004910j:plain

 

以上、下関の風景でした。個人的に訪れたときは、街を歩きたいなと思います。

 

 

福島ツーリング旅行記3

北海道・東北地方 福島県 土木・建築・施設 道路・橋梁 自然風景

来週出張に行ってきます。ただ、今思うと初めての出張から1度も誰かと行った事がありません。とりあえず行ってこいスタイルの職場なのでしょうか....?それにしても勉強が終わらない日々が続いています。技術者の宿命です(笑)

さて、今回は福島シリーズの最終回です。今回は檜原湖から米沢までの道のりを紹介します。

 

f:id:yamatsutsuji:20160801222902j:plain

桧原湖です。前回の記事でも言及しましたが、磐梯山噴火による土石流によって、形成された湖です。せき止めによって生まれた湖ですので、湖底にはかつての桧原村があります。水位の変化によっては旧集落の一部が見られることもあるそうです。

 

f:id:yamatsutsuji:20160801222900j:plain

県道64号にかかる橋です。今回米沢方面に向かう際に通った道路は桧原湖東側にある県道2号です。県道2号は道路の改良工事が行われており、そのうち県道2号より通りやすい道に生まれ変わると思われます。トンネルや橋の側には旧道が見られます。それにしても綺麗なアーチ橋です。道路の直線感が現れており好きな光景です。

 

f:id:yamatsutsuji:20160801222858j:plain

場所は変わり、桧原湖と米沢を結ぶ道、西吾妻スカイバレーを通ります。こちらは桧原湖を一望できる解放感のある道です。そしてヘアピンカーブが多数あり、変化に富んだ道です。戦国時代からの米沢と会津を結ぶ歴史のある道でもあります。

 

f:id:yamatsutsuji:20160801222859j:plain

ちなみにヘアピンカーブが多いと先ほど述べましたが、路面には多数のタイヤ痕があります。夜のこの道の通行は避けた方が賢明でしょう...。

 

f:id:yamatsutsuji:20160801222857j:plain

山形に来ました。

 

f:id:yamatsutsuji:20160801222856j:plain

福島県側はパノラマビューを楽しむ道という感じの道ですが、山形側は森林や谷の中を走る道といった感じです。

 

f:id:yamatsutsuji:20160801222855j:plain

道路整備の工事の大変さを感じます。最近の道路建設は土木技術の進歩もあってか、高架橋とトンネルを駆使した強行突破スタイルが人気なようです。新しい道路を見ているとそう感じます。その例が会津‐米沢間の国道121号線の大峠道路に現れています。豪雪地帯の幹線道路機能の維持もあってか超高規格な道です。

www.geocities.jp

 

f:id:yamatsutsuji:20160801222854j:plain

SNSを彷彿させられます。合併で消えた市町村の名前を後付けで消したのかなと思ったのですが、米沢市は特に平成時代に合併を行っていません。あの面積を占有するトリさんは何者なのでしょうか?

 

f:id:yamatsutsuji:20160801222853j:plain

道中にあった採石場か何かです。何を産出しているのでしょうか?

 

f:id:yamatsutsuji:20160801222851j:plain

最後に米沢市街の遠景です。

次回はスペインのセゴビアの街並みを紹介します。

 オマケ:極寒ツーリング時の写真

f:id:yamatsutsuji:20160806220935j:plain

秋の桧原湖です。とは言っても標高差のため、ほぼ冬ですが...。

f:id:yamatsutsuji:20160806220915j:plain

国道459号から眺めた桧原湖です。

f:id:yamatsutsuji:20160806220909j:plain

バイクと景色です。秋と冬の対比が現れています。それにしても奥の山の名前がわかりません。位置と高さ的には大日岳あたりかと思いますが...。

福島ツーリング旅行記2

北海道・東北地方 福島県 道路・橋梁 土木・建築・施設 自然風景

昨日、今日と応力集中の問題で悩んでいます。キー溝の隅に発生する応力集中ですが、軸のキー溝に発生する応力集中係数の推定式はあるのに、カップリング側のキー溝隅部の応力集中に関する文献はまるで見当たりません。大学時代なら図書館で専門書を読めたのですが、今はそんな環境はありません。本を買うしかないのでしょうか。(こういう専門書に限って,やたらと値が張る....。)

続きを読む

福島ツーリング旅行記1

北海道・東北地方 自然風景 福島県 土木・建築・施設 道路・橋梁

最近海外出張のフラグが立ちました。まだ確定ではないですが、3か月以内くらいにチンタオに行くかもしれません。仕事も本格的に始まったので、日に日に忙しくなってきます。ただ、時間がなかなか取れません。気軽に遠隔地に旅行に行けないとは寂しいものです。長崎県は周囲が海に囲まれているためか、他県に出るルートが限られてしまいます。そのせいか行動範囲も狭くなりがちです....。そのうち福岡に遠征したいと思うこの頃です。(超高層ビルという目の保養が必要...、でも福岡は高層ビルが少ない...。) 

 

続きを読む

情熱の国、スペイン セゴビア-マドリードの道中 その1

ヨーロッパ 土木・建築・施設 海外旅行 海外の街並み

記事のネタに迷ったので、今回は以前紹介したスペイン記事の続きにしようかと思います。

前回はマドリードの街並みを紹介しましたが、今回は郊外の風景について紹介したいと思います。なお、今回からが街ブログの真打です。せっかくブログを書くのであれば、やはり人が紹介しなさそうな所を紹介し、それらを知ることが楽しいかと思います。

続きを読む